親知らずを抜くか抜かないか|西川口・南浦和の歯科医院「中川歯科医院」

電話受付 9:30~21:00 木曜・祝日休診

  • 0482576900

    土曜は18:00、日曜は14:00まで

  • 0488650099

    火・水・土曜は18:00、日曜は14:00まで


コラム

親知らずを抜くか抜かないか

症例紹介 

こんにちは。

よく、

「親知らずは抜かないといけないんですか?」

と聞かれることがあります。

 

結論から言って、

絶対に抜かないといけないものではありません。

 

ではどんな場合は抜いたほうが良いのか。

 

簡潔に言うと、

症状があるとき、または症状が出ることが予測されるときです。

 

症状とひとことで言っても、

親知らずの周りの歯茎が腫れたり、

 

虫歯になったり、生え方により磨きづらかったり、親知らずが歯並びに悪影響を与えたり…と様々なものがあります。

 

 

 

※画像は左右反対に写ります

 

 

この画像の患者さんは、

右下の親知らずが少しだけ歯茎から頭の部分が出ており、磨きづらい状態が続いていました。たまに歯茎から出血もするとのことでした。

 

 

この状態が続くと、

親知らずが虫歯になったり、歯周病になったりする可能性があります。

 

また、親知らずの前の歯はその影響を受け、虫歯や歯周病、歯根の吸収を起こす可能性もあります。

 

様々なことを考慮し、抜歯をしました。

では反対に、

抜かなくていい親知らずとは?

 

この画像の、左上の親知らずを見てください。

 

骨の中に完全に埋まっている親知らずが見えますね。

 

こういう親知らずは、

生えてくる可能性が低く、歯並びにも影響を与えることもありません。

 

こういうときはあえて抜く必要はありません。

 

親知らずについてのご相談も気軽にしてくださいね😊

 

 

ページトップへ戻る